卵かけご飯屋さん

卵かけご飯で商売はできないものか?

朝ごはんを食べに出るのが難しい地域に住んでいるのだけど、朝ごはんを外で食べるという選択肢がないのは個人的には辛い。かといって平日の朝にそこまで朝ごはんをガッツリ食べる時間の余裕のないという人も多いだろうから卵かけご飯やさん。

駅前の夜にメインで営業している店舗の朝の時間を借りて営業。これにより、自分は賃借料を浮かせることができるし、本店舗の主は休みの時間に収入を得ることができる。権利関係がやや面倒にはなるものの、ランニングコスト的にはウインウインじゃないかな。

当初の案とはずれるけど、期間限定で実施。期間は新米の季節。卵かけご飯で勝負するので材料はいいものを使いたい。

材料原価は米の値段+卵の値段

米は10kg5,000円のものを使用。1サーブは0.4合の150g。白米の状態で75gだと仮定すると37.5円/杯。ここに、電気代とか水台がかかってくるけどまずはこれが原価。卵ももちろんこだわりたい。1個40円、10個400円クラスの卵を使う。

原価:37.5円+40円で77.5円。他の経費を考えると100円/客というところかな。

となると運営費の部分も考える必要はあるけど、300-350円は単価としてほしい。味噌汁、大盛りあたりで客単価を上げていくのはありだけど、これでどのくらい売れるかだね。

粗利で200円/客として100杯売ったら20,000円。月の家賃が10万円だとすると500杯で損益分岐かな。20日稼働だとすると25杯/日。1日の稼働時間はビジネスアワー前の時間までだから6時から9時か、7時から10時かというところ。これは実際の店舗周辺を通る人の人数で決める。いずれにせよ3時間程度。人件費を考えないで1日25杯、時間8杯。捌くだけなら1人でも行けるか・・・お金を触ると大変やから食券制やな。

提供にかかる時間は卵とご飯だけやから行けるとは思う。片付けもそれほどないから大丈夫やろう。ただ、売上が上がっていったらやな・・・ 儲けを出していくとしたらやはり倍はほしい。月に1,000杯は行かないと副業としても厳しいね。となると時間16杯で、月の利益は10万円。

粗い計算だから原料費とかでもっと調整できる可能性はあるけど、なかなか稼ぐのは厳しいね・・・でも美味しい朝ごはんを1,000人に提供できるというのは嬉しいな。

投稿者: yamaarashi

BBQに燃え、DIYに燃え、最近は筋トレに燃える30代。 新しい発見とかいろいろと書いていきたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。